ダブルパンチ

  • 2014.09.15 Monday
  • 15:03
ユキコ(バラ)の葉っぱが、黄ばんできたので株元を見てみました。
おが屑みたいのが
おが屑を取ってみると

穴が
ゴマダラカミキリ(テッポウムシ)にやられたようです。
薬剤注入で、殺処分。憎き幼虫め。
この幹は、ダメかもしれません。
穴のある下からシュートが出ているのこちらは、大丈夫でしょう。
雑草も生えているので、除草。
簡単にぬける。
「嫌な予感」
土を掘ってみる。
出てくる出てくる。

コガネムシの幼虫
薬剤を土にすき込む。
幹に穴が空くわ、根っこ食われるわ。
皆さんも被害に合わないように、株元を土の表面を注意して見てみましょう。

イラガ

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 20:04
イラガの幼虫です。
バラや柿の木、ブルーベリーにいることあります。
刺されると電気が走ったような痛みがあり、しばらく痛みが続きます。
気持ちの良い写真ではありませんが、このような毛虫です。

ゴマダラカミキリ

  • 2013.07.31 Wednesday
  • 21:14
成虫も幼虫もバラの害虫です。

バラの樹皮を食べてます。細い枝だと枯れこむことがあります。

ゴマダラカミキリに食べられた跡です。
幼虫は、テッポウムシとも呼ばれて、幹の中を食べ、バラを枯らすこともあります。
幹に、幼虫が入り込むとおがくずみたいのが幹に付きます。おがくずを除いて、幹を探ると穴が見つかります。穴の中に、ノズル式の殺虫剤を入れて殺します。
春に、花が咲いて二番花を楽しみにしていると元気が無くなり枯れこむことがあります。
枯れた株元を割ると幼虫が出て来ることがあります。かわいい幼虫じゃないですよ。

根頭癌腫病

  • 2012.09.18 Tuesday
  • 11:51

バラが元気がないと思った時。
1 コガネムシの幼虫に根を食べられてる。
2 テッポウムシ(ゴマダラカミキリ)に茎の中を食べられてる。
3 株元がコブコブがある。根頭癌腫病。
写真は、根頭癌腫病が発症した株元です。白っぽい所をカッターナイフ等で切り取り、殺菌剤をぬりましょう。
それでも、発症する。切り取る。これの繰り返しかもしれません。中々治らない厄介者。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM